安全工学会からのお知らせなど

安全工学会からのお知らせなど

第52回安全工学研究発表会 展示出展募集

第52回安全工学研究発表会では、展示出展を募集します。
毎年ご好評をいただいております企業展示会ですが、今回は会場1階ホワイエに展示スペースを設けました。
パンフレット、カタログ類をはじめ、製品見本や映像等の展示にお使いいただけます。
出展企業様には、講演予稿集への広告ページも提供いたします。また、広告掲載のみのご希望も承ります。
是非、ご検討ください。

◆開催日程:  2019年11月28日(木)、29日(金)
◆展示会場: アオーレ長岡(〒940-0062 新潟県長岡市大手通1丁目4番地10)
◆展示物: ポスター、パンフレット、年報等の冊子、製品、その他(応相談)
◆出展費用: 1.  一般展示 [法人会員 5万円、その他 10万円]
    ・展示スペース仕様
  机 1本(幅1800mm×奥行450mm×高700mm)、
  後ろにパネル 1枚(高1200mm×幅2100mm)
    ・講演予稿集広告掲載(A4 モノクロ 1ページ)
    ・懇親会へ1名様を無料ご招待
  2. カタログ展示 [法人会員 3万円、その他 4万円]
    ・共有スペースでのカタログ、パンフレット類設置
    ・講演予稿集広告掲載(A4 モノクロ 1ページ)
  3. 予稿集広告掲載のみ [2万円]
     
◆申込方法: 下記申込書にご記入のうえ、8月16日(金)までにメールにてお申込みください。
   ⇒ 展示出展申込書(PDF)
 *出展または広告掲載企業様には、講演予稿集を 1冊謹呈いたします。  
 *展示スペースの都合上、参加希望が多数の場合は先着順とさせていただきます。
     

お申込み・お問い合わせは安全工学会 事務局まで
Mail:jsse-2004@nifty.com  TEL:03-6206-2840

【重要・参加者の方へ】第33回安全管理の最新動向講習会

第33回安全管理の最新動向講習会へお申込みいただいた皆様へ

請求書・参加券は、7月17日(水)午前10時の時点で、
参加者全員へメール、または郵便にて発送しております。
まだ届いていないという方は、至急、下記事務局までご連絡ください。
よろしくお願い申し上げます。

安全工学会 事務局
 TEL:03-6206-2840|Mail:jsse-2004@nifty.com

最新動向講習会・安全工学セミナー 申込みフォームを再開しました

第33回安全管理の最新動向講習会、および第41回安全工学セミナーの参加申込みフォームを再開いたしました。ご利用ください。※行事一覧の並び順は修正作業中です。もう少々お待ちくださいますようお願いいたします。

◆第33回安全管理の最新動向講習会 *締切間近!(7月12日まで)

  行事詳細 | 参加申込みフォーム

 

◆第41回安全工学セミナー *各講座10日前まで受付中

  行事詳細 | 参加申込みフォーム

安全工学便覧 第4版 購入受付開始!

安全工学便覧 第4版 ご購入受付開始!  

◆ 会員割引あり! ご購入は こちらから(安全工学会よりご購入いただけます)
◆ 目次、収録キーワード、体裁見本等の詳細は こちらから (コロナ社のサイト)
 
安全工学便覧第4版 安全工学会 編|2019年7月発売 
コロナ社|38,000円(税別)|箱入り上製本

災害発生の原因究明,災害防止・予防に必要な知識を体系化し、広範囲にわたる安全工学の知識や情報をまとめた集大成。
1999年刊行の「新安全工学便覧」に大幅な改訂を行い、新たな科学・技術の進歩に伴う事項や社会の変化に対応するために必要な項目を更新。さらに安全マネジメント,リスクアセスメント,原子力設備の安全について多くを新たに書き起こした。

【講演募集】第52回安全工学研究発表会

第52回安全工学研究発表会の講演を募集いたします。

右 詳細・お申込みはこちらから

◆開催日時 2019年11月28日(木)~29日(金)
◆申込締切 講演申込締切:2019年8月31日(土)、予行原稿締切:2019年10月15日(火)
◆会場 アオーレ長岡(〒940-0062 新潟県長岡市大手通1丁目4番地10 TEL:0258-39-2500)
    JR長岡駅大手口から徒歩3分
◆講演者参加費 一般会員:6,000円 学生会員:2,000円
 ※予稿集代金含む。
 ※講演発表者は安全工学会会員(普通会員・学生会員・名誉会員)に限ります。入会がお済みでない方は、こちらの入会案内をご覧の上、手続きをお願いいたします。

サーバー移行及びメンテナンスについて【6月28日追記】

6月26日の13時頃より、サーバーの移行作業を行いましたが、その間、サイトに繋がりにくい状態となっておりました。

現在は移行を完了しております。

ご不便をおかけしまして申し訳ございませんでした。

 

【6月28日 追記】

◆現在、新サーバーへのコンテンツデータ移行作業の影響で、行事の並び順等に不具合が発生しております。

 7月初頭には修正作業を完了する予定です。

 ご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

 

◆会誌「安全工学」および講演予稿集・その他書籍のご購入フォームを再開いたしました。

安全工学便覧 第4版 2019年7月発売予定!

安全工学便覧 第4版   2019年7月発売予定!

安全工学便覧第4版 安全工学会 編|2019年7月発売予定
コロナ社|38,000円(税別)|箱入り上製本

災害発生の原因究明,災害防止・予防に必要な知識を体系化し、広範囲にわたる安全工学の知識や情報をまとめた集大成。
1999年刊行の「新安全工学便覧」に大幅な改訂を行い、新たな科学・技術の進歩に伴う事項や社会の変化に対応するために必要な項目を更新。さらに安全マネジメント,リスクアセスメント,原子力設備の安全について多くを新たに書き起こした。
◆ 会員割引あり! ご購入は こちらから (発売日以降に受付けます)
◆ 目次、収録キーワード、体裁見本等の詳細は こちらから (コロナ社のサイト)

 

第15回安全工学会総会 写真・資料公開

5月31日に行われた、第15回安全工学会総会の写真と、特別講演の資料を公開しました。
既に、会員および関係者へ、URL等ご案内のメールを差し上げております。
閲覧できない方は、事務局までお問い合わせください。
※会員および総会関係者への限定公開です。

会議・研修 安全工学シンポジウム2019 PD・OSのお知らせ

安全工学シンポジウム2019 パネルディスカッションとオーガナイズドセッションのお知らせ

安全工学シンポジウム2019にて、安全工学会の提案するテーマでパネルディスカッションとオーガナイズドセッションが行われます。多数のご来場をお待ちしております。


 パネルディスカッション
  「安全活動と人材育成」(PDF)

 オーガナイズドセッション
  「RBSM (Risk Based Safety Management) の紹介と産業界での実施、展開」(PDF)

 
日時:2019年7月3日(水)~5日(金)
場所:日本学術会議

・シンポジウム公式ページ:https://www.anzen.org/index.html
・安全工学会 行事ページ:http://nc2.jsse.or.jp/mu1cz85i1-24/#_24

! 【重要・参加者の方へ】第18回安全工学実験講座

第18回安全工学実験講座へお申込みいただいた皆様へ
 
5月末日の時点で、全員へ請求書・参加券のPDFを添付したメール、または郵送のご連絡メールを差し上げております。
まだ連絡がないという方は、至急、事務局までご連絡ください。
よろしくお願い申し上げます。
 
安全工学会 事務局
 TEL:03-6206-2840
 Mail:jsse-2004@nifty.com

お知らせ 【重要・参加者の方へ】第18回安全工学地域セミナー

第18回安全工学地域セミナー(近畿地区)へお申込みいただいた皆様へ

5月13日(月)の時点で、全員へ請求書・参加券のPDFを添付したメール、または郵送のご連絡メールをを差し上げております。
まだ連絡がないという方は、至急、事務局までご連絡ください。
よろしくお願い申し上げます。

安全工学会 事務局
 TEL:03-6206-2840
 Mail:jsse-2004@nifty.com

晴れ 【終了】第18回安全工学地域セミナー(近畿地区)

第18回安全工学地域セミナー(近畿地区)を開催します。
新コスモス電機株式会社 コスモスセンサセンター様のご厚意により、同施設を見学し、大阪ガス株式会社の岡本英樹氏にご講演をいただきます。ぜひ奮ってご参加ください。

■日時:2019年5月17日(金)13:00~16:30
■会場:新コスモス電機株式会社 コスモスセンサセンター
    〒673‐1111 兵庫県三木市吉川町上荒川748-7(TEL:0794-72-2033)
    URL:https://www.new-cosmos.co.jp/tec/

☆申込み・詳細はこちらから

【アブストラクト締切延長】APSS2019

APSS (Asia Pacific Symposium on Safety) 2019

アブストラクト提出締切りを延長しました。
2019年2月24日(日)締切となります。
ぜひご参加ください。
 
☆講演募集に関する詳細はこちらから
 
☆APSS2019 公式サイト
 
※本シンポジウムに関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
  崔 光石(ちぇ くあんそく)
   (独)労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所 研究推進・国際センター
  住所:〒204-0024 東京都清瀬市梅園1丁目4番6号
  TEL:042-491-4512 (内線630), 042-494-6231(直通)
  E-mail:choiks@s.jniosh.johas.go.jp

【開催案内】APSS (Asia Pacific Symposium on Safety) 2019

APSS (Asia Pacific Symposium on Safety) 2019 が、下記の通り開催されます。

■主催:Dalian University of Technology(大連理工大学)
■期日:2019年9月19日~21日
■場所:Hi Chance (Dalian) Science & Technology Center(中国 大連)

Abstract and Full Paper
 公式サイトよりテンプレートをダウンロードできない場合は、こちらをご利用ください(Word)
【日程】
  2019年2月15日 アブストラクト提出締め切り(Abstracts Deadline)
  2019年3月10日 採択通知(Abstracts Notification)
  2019年5月10日 最終原稿締め切り(Submission Deadline of Draft Paper)
  2019年5月31日 原稿採択通知(Paper Notification)
  2019年6月30日 先行登録締め切り(Early Bird Registration Deadline)
  2019年8月30日 参加登録締め切り(Registration Deadline)
  2019年9月19~21日 APSS2019 当日
 
※お問い合わせは下記までお願いいたします。
  崔 光石(ちぇ くあんそく)
   (独)労働者健康安全機構 労働安全衛生総合研究所 研究推進・国際センター
  住所:〒204-0024 東京都清瀬市梅園1丁目4番6号
  TEL:042-491-4512 (内線630), 042-494-6231(直通)
  E-mail:choiks@s.jniosh.johas.go.jp

【締切延長】安全教育セミナー

締切延長!
第4回 安全管理の責任者・教育担当者のための安全体験、安全教育1泊セミナー

申込み締切を 1月25日(金)まで延長いたしました。
皆様のご参加をお待ちしております。

◆日時:2019年2月13日(水)~14日(木)※1泊2日
◆会場:三井化学株式会社 技術研修センター
    〒297-8666 千葉県茂原市東郷1900番地 TEL:0475-22-0105
    URL:http://jp.mitsuichem.com/csr/training/
◆定員:先着20人(体験研修の都合上、人数に制限がございます)

講演原稿掲示について(2018プロセス安全シンポジウム岡山大会)

下記ページで公開中の、2018 プロセス安全シンポジウム 岡山大会の講演原稿を
微修正いたしましたので、ご確認ください(公開期限:2019年3月末)。

ログインID・パスワードは、昨年末、関係各位にメールにてお知らせしております。
アクセスに問題がある場合は、事務局(jsse-2004@nifty.com)までご連絡ください。

※本ページの閲覧は、シンポジウム参加者・発表者・実行委員・理事のみに
 限らせていただきます。ご了承ください。

【お詫び】「安全工学」Vol.57 No.6の誤記について

12月15日発行の会誌「安全工学」Vol.57 No.6の目次ページにおいて誤記がございました。
下記の通り訂正し、お詫びいたします。

◆目次(日本語)の巻号表記
 誤:Vol.57 No.7〔2018〕
 正:Vol.57 No.6〔2018〕

※ホームページに掲載のPDF版およびJ-STAGE版は修正したものを掲載いたします。

花丸 平成30年度 安全工学会 奨励賞のお知らせ

11月29日(木)~30日(金)に、石川県地場産業振興センター(石川県金沢市)にて、第51回安全工学研究発表会が行われました。
例年、研究発表会で35歳以下の優秀発表に対して奨励賞が贈られ、次年度の総会において表彰されております。平成30年度奨励賞については、学術委員会での選考を終わり、下記の方々に理事会の承認を経て、授与されることになりました。
なお今回、表彰式は11月29日に研究発表会懇親会場にて行われました。

平成30年度奨励賞(3件)
・伊里 友一朗 氏(横浜国立大学)
 テーマ:テトラヒドロフラン過酸化物の生成と分解に関する詳細反応機構

・一瀬 慶人 氏(東京大学)
 テーマ:粒径及び粒子凝集が粉じん雲中の火炎伝ぱ挙動に及ぼす影響

・大森 皓史 氏(富士フイルム株式会社)
 テーマ:インライン分析を活用した反応プロセス解析と安全性評価

→ 過去の受賞者一覧